【Mac愛用者へ朗報】Apple Silicon版Macの今までにない5つのメリット

Check Point

  • Apple Silicon版Macってなに?
  • Apple Silicon版Macは今までとどう違うの?
  • Apple Silicon版Macは「そのMac iPhone何台分?」

 

天パ
今朝(2020/9/24)のニュースを解説、共有します。
Mac、Apple製品愛用者は要チェックです!

 

この記事を読めば
・Apple Silicon版Macの性能がわかる
・Apple Silicon版Macがこれまでの米Intel製CPUから、自社のCPUに置き換えることによるメリットがわかる
・Apple Silicon版Macの性能は「iPhone何台分?」というかたちで測れることができる

 

Apple Silicon版Macの今までにない5つのメリット

 

こんにちは、天パです。

「Apple Silicon版Mac」というのを聞いたことがありますか?

 

調べてみると、これはApple製品愛用者、

特にMacを使っている人にはかなり有益そうだったので、記事にまとめました。

 

Apple Silicon版Macとは?

 

Apple Siliconとは元々iPhoneやiPad向けに開発されたSoCを

Macでも使えるようにしたものです。

※SoCとは、CPUやメモリなどを小さな基板にまとめたもの。

 

Apple Silicon版Mac【今までのMacにはない5つメリット】

 

Check Point
・CPUが自社製品になることで、ファンレスになる(熱を帯びにくい)
・充電(バッテリー稼働時間)もこれまでより長持ちになる
・Apple Silicon版Macは元々iPhone向けのものだがら、性能としては「iPhone○台分」という換算で測ることができる
・Apple Silicon版MacではiPhoneと同じアプリを使えるようになる
・価格が下がる(Intelにライセンス料を支払う必要がなくなる)

 

上記がメリットになります。

かなり良さげですよね。

 

元々iPhoneなどのスマホ向けに開発されたCPUなら性能低いんじゃないの?
PCより売れているiPhoneは、その分CPUにも多くの投資をしてきました。
※PC約8000万台、iPhone約1億台
その結果、低消費電力でもスペックとして
ノートPCと同じレベルの性能を持っているので問題なしです。

 

新しいApple Silicon版Macの性能は「iPhone何台分?」

 

PCは当然iPhoneよりサイズが大きいです。

なのでiPhoneに搭載されているApple Siliconを何個も搭載できる。

 

そしてこれを用いることで、

今後のApple Silicon版Macでは「iPhone○台分」という換算で

スペック、性能を測ることができるのです。

 

iPhoneに搭載されているApple Siliconなので、

アプリもiPhoneと同じものが使えるようになるということ。

 

【まとめ】Apple Silicon版Macの今までにない5つのメリット

 

いかがでしたでしょうか?

 

Mac愛用者にとっては大きなメリットです。

Apple Silicon版Mac Book Proが2020年内に発売されるという噂もあります。

楽しみですね!心待ちにしましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!!

 

参考記事:ITmedia NEWS

 

おすすめの記事