【超重要】海外移住はどこがいい?選び方は自分の〇〇を考えるだけ!

Check Point

  • 海外移住を検討しているけど、どこが自分にあってるのかな?
  • 海外移住をする上で何を基準に選べばいい?
  • すでに海外移住している人とリアルタイムで相談してみたい

 

天パ
海外一人旅で10カ国以上回った僕が上記について解説します。
旅の中で「自分が暮らすなら…」と考える中で、その選び方に気づきました。
少しでも興味ある方はぜひ最後までご覧ください。

 

この記事を読めば
・海外移住を検討している人が自分に合っている国がわかるようになる
・海外移住するにあたって、国を選ぶ基準が明確になる
・すでに海外移住している人とコンタクトを取る方法がわかる

 

海外移住はどこがいい?選び方は自分の〇〇を考えるだけ!

 

こんにちは、天パです。

 

海外移住をしたい人は年々増加しています。

ちなみに僕もそのうちの一人です。

 

「海外移住したいなあ」と思っていても、実際にどこの国がいいのか?なかなか選べませんよね。

海外一人旅を経験する中で、選ぶなら絶対にこれが重要だな!と思う基準を見つけました。

 

なので今回は「海外移住するにはどこがいいのか?」この選び方について解説していきます。

選び方は至ってシンプルです。

あなたが実際に移住してから後悔しない選び方を明記し、さらに実際現在海外移住している人と相談できる方法をご紹介します。

 

それでは本題の選び方に移りましょう。

 

海外移住する国のたった一つの選び方

 

結論としては、あなたが何を最も重視しているか?です。

つまりあなたが海外移住で求める優先順位を決めること、これが最重要。

 

優先順位を決める要素は以下のようなもの。

  • 言語
  • 気候、天候
  • 治安
  • 日本との距離
  • 国の発展具合
  • 子供の教育環境
  • etc

 

海外移住するにあたって、上記のような項目をきっちり優先順位をつけていくことで、あなたがどのような国が合っているか判断することができます。

 

言語は何がいい?

→絶対英語?行った国で覚えるからなんでもOK?

食はどんなものが好み?

→日本食があるとこがいい?割となんでも受け入れれる?

気候はどんなとこがいい?

→四季がる方がいい?常に暖かい気候がいい?

日本との距離は?

→定期的に帰国したい?何年も帰らなくてもいける?

 

このように一つ一つ自問自答して、あなたの海外移住先で求める優先順位を決めておきましょう。

あなたの優先順位に合致した国が、あなたに合った移住先です。

 

ちなみに僕の場合だとこんな感じ。

言語は英語圏内②
食は拘りたい。スパイシーなものが好み①
気候は寒いよりは暖かいとこ(もしくは暑いとこ)④
日本との距離は近い方がいいけど、遠くても可⑥
治安は良いに越したことはない③
国の発展具合においても利便性に長ける方がいい⑤
子供の教育環境は現時点考えていない⑦

 

数字が優先順位です。

なので僕の場合だと、まずは食の好みの合う国をまず選出します。

その中から語学面で英語が通じる国や都市を選ぶ

さらにその中から治安が良いとこ、暖かめの国…

→東南アジア圏内が該当しそうだな、その中でもマレーシアやタイが良さそう。

 

このようにあなたの優先順位の高いものから絞っていけば、あなたが選ぶべき海外移住先が見出せます。

優先順位を決める要素は上が絶対ではありません。

他にも「おしゃれな街並みの国がいい」「自然が多いところがいい」「親日国がいい」など、その要素は人により様々です。

 

一度海外移住先を選ぶための要素を全て書き出してみましょう。

 

海外移住先が決まったら「先輩」に詳しく聞こう

 

先輩とはすでに海外移住を実行している人のことです。

海外移住生活についてネットで検索して、体験談やその生活のことをブログやYouTubeで知ることができます。

しかしもっと詳しく知りたいことをリアルタイムで聞いてみたり、移住生活の生の声を聞きたくないですか?

僕は移住となると大きな決断なので聞きたいです。

 

そこで意外とみんなやっていない?方法をご紹介します。

それはココナラというサイトです。

かなり有名なのでご存知の方も多いはず。

 

 

ココナラで「海外移住」と検索をかけると、実際に現在も移住生活をしている人が商品を販売しています。

基本的に有料ですが移住を本気で考えているのであれば、必要な自己投資です。

むしろしっかりした情報を掴むには有料の方が安心できます。

ココナラで「海外移住」について調べる

ココナラ自体の登録は無料です。

一度気になった国をキーワードで検索かけてみるのもありです。

日本人が最も移住したい国ランキングでNo1のマレーシアなどは、「マレーシア 」と国の名前を検索するだけでもけっこう情報ありました。

 

どうしても無料で聞きたい、コンタクトを取りたいというのであれば、やはりSNSが最も有力です。

しかしDMを送っても返信してくれる保証はありませんし、そのアカウントの人が実際に移住している人かわかりません。

稀に海外移住をうたっておきながら、語学留学や英語の教材販売などにつなげてくる人もいるそうです。

情報の見極めにはご注意を。

 

海外移住する国はどこがいいのか?その選び方と選んだ後に具体的に情報収集する方法をご紹介しました。

最後に海外移住するにあたって、皆が特に不安に感じる「仕事」「語学」について解説します。

 

海外移住先ではどんな仕事につけばいい?語学はやはり必要?

 

移住するとなれば、当然日々生活するために仕事しなければなりません。

しかしどんな仕事があるのか?不安になりますよね。

ここでは語学ができなくてもできる仕事を紹介したいと思います。

 

海外移住先で語学ができなくてもできる7つの仕事

 

結論としては以下の7つです。

 

Check Point
・日本語教師
・調理
・プログラマー
・Webマーケター
・イラストレーター
・ブロガー
・YouTuber

 

このあたりが語学がなくてもできる仕事になります。

 

日本語教師も語学が必要に思いそうですが、日本語教師を採用しようとしている職場には必ず日本語を話せるスタッフや同様の日本人がいます。

なので問題なしです。

 

調理に関しては通称「ジャパレス」と呼ばれるジャパニーズレストランが働き口です。

僕も一度ニュージーランドのジャパレスで正社員として採用された経験がありますが、それほど調理技術はいらなそうでした。

正直誰でもできるレベルかなと。

 

そしてジャパレスなので、もちろん日本人がいるはずです。

この職種においても語学面は不要。

 

ここからは基本的にネットで働く職種に移ります。

フリーランスの人も多いでしょう。

ネットで働く以上、語学問わずネット環境さえあればどこでも働くことができます。

 

ただしここでの注意点として、業務上で日本の企業や人とやり取りする際には時差が問題になったりします。

働く上で時差の関係で問題が生じないか確認しておくことをオススメします。

 

とはいえ、やはり現地の語学を話すことができれば仕事の選択肢は広がります。

しかし、いきなり現地の語学を学ぶのはハードルが高いですよね。

こういう時に強いのはやはり世界共通言語である「英語」です。

 

英語を日常会話レベルで話せれば、仕事は間違いなく増えるでしょう。

 

日常会話に特化した3つのオンライン英会話

 

海外移住先で仕事の選択肢を増やすのに、いきなりビジネス英会話は不要です。

まずはコミュニケーションを問題なく取れればOKです。

 

オンライン英会話で調べるといろいろありすぎて、結局どれがいいのかわからなくなりますよね。

なので今回は日常英会話に特化して、3つのオンライン英会話に厳選しました。

 

レアジョブ英会話
→「話題のアプリ ええじゃないか!」で紹介された業界最大手のオンライン英会話
ネイティブキャンプ
→月額で使い放題でやるだけお得!レッスンの時間も決まっておらず好きな時間に可能
ワールドトーク
→いきなり外国人講師はハードルが高い!まずは日本人講師からスタート

 

全て初心者向けで、日常英会話を会得するにはかなり良いものです。

3つとも無料体験から始められるので、一通り経験してから決めてみるのもありです。

 

いや、どうせ移住するなら日常英会話ではなく、もっと上の会話レベルを身につけたい!
そういう方ならこちらがオススメです。
ビズメイツ
レベルとしては中級者以上で、ビジネスで使える英会話に特化したオンライン英会話です。

 

海外移住に向けて少しでも不安を取り除きたい方は、必要最低限の英語を身につけておきましょう。

 

【まとめ】海外移住はどこがいい?選び方は自分の優先順位を考えるだけ!

 

海外移住する国はどこがいいか?選び方はあなたの優先順位を決めること。

優先順位を決める要素は以下のようなもの。

  • 言語
  • 気候、天候
  • 治安
  • 日本との距離
  • 国の発展具合
  • 子供の教育環境
  • etc

 

海外移住先の見当が付いたら、すでに移住している先輩に話を聞く。

ココナラで「海外移住」について調べる

ブログやYouTubeの情報よりもリアルタイム、かつ移住する上での注意点やアドバイスがもらえます。

 

現地の語学ができなくてもできる仕事は以下の7つ。

Check Point
・日本語教師
・調理
・プログラマー
・Webマーケター
・イラストレーター
・ブロガー
・YouTuber

 

とはいえ語学を話せたら、仕事の選択肢が大幅に増えます。

移住の言語が難しいなら、まずはやはり世界共通言語である英語を身につけておくべき。

 

「日常英会話」に特化したオススメのオンライン英会話は以下の3つ。

レアジョブ英会話
→「話題のアプリ ええじゃないか!」で紹介された業界最大手のオンライン英会話
ネイティブキャンプ
→月額で使い放題でやるだけお得!レッスンの時間も決まっておらず好きな時間に可能
ワールドトーク
→いきなり外国人講師はハードルが高い!まずは日本人講師からスタート

 

本記事は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめの記事