人生でお金はいくら必要なの?【100年時代に向けた2つの資産】

Check Point

  • 人生でお金はいくら必要なの?
  • 老後はいくらくらいで生活できるの?
  • そのために今すべきことはなんだろうか?

 

天パ
これからは長寿化が進み、100年生きる人が増加します。
そのために今できることを明確にしておきましょう!

 

この記事を読めば
・人生でお金がいくら必要なのかわかる
・老後を過ごすために必要な金額がわかる
・そのために今からすべきことを知ることができる

 

人生でお金はいくら必要?【100年時代に向けた2つの資産】

 

こんにちは!天パです。

 

結論から述べてしまうと、人生で必要な金額は2,3億円と言われています。

しかしこれがわかったところで、現状どうにもなりませんよね。

重要なのは未来です。

 

人生のうちまだ見ない未来のみ、自分の行動で豊かにすることができます。

ではその行動とは何か?を解説するまえに、

老後のみにフォーカスして、必要な金額を解説します。

 

なぜなら働いてる間は収入が入ってくるので、

皆さんそこまで心配していません。

 

問題は人生で唯一、年金のみで暮らさなければならない「老後」

この期間に対する不安が大きいです。

 

人生の終盤である老後ではお金いくら必要?

 

独身男性が老後に必要な金額は、最低2000万円と言われています。

独身男性でこの金額なので、結婚して配偶者がいれば、

単純計算で2倍の4000万円もの大金が必要という計算になります。

 

しかし、今後は100年ライフです。

正直この金額でも、かなりきついのではないでしょうか?

 

では今からどうしていくべきか?

結論は2つの資産を築くことです。

 

人生で必要なお金を稼ぐためには、2つの資産を築く

 

確実に人生を豊かにする2つの資産をご紹介します。

 

①金融資産
②知的資産

 

この2つです。

 

ここまでお金のことばかり述べていましたが、

あなたもお金が気がかりだからこそ、

本記事をお読みいただいていることでしょう。

 

しかしお金という金融資産ばかりに目がいくのはNGです。

以下のツイートをご覧ください。

 

 

【人生を豊かにするには2つの資産が重要】

・金融資産
・知的資産

多くの人は金融資産ばかりに目がいっている
働きつつ、知的資産を増やす
効率の良い働き方をしよう。

知的資産を増やしていくことで、
金融資産は付いてくる

 

知的資産というのは、スキルや人脈など目に見えない資産のこと。

 

例えば、営業マンであれば「営業力」

デザイナーであれば「デザイン力」など

このようなスキルがこれに該当します。

 

じゃあ普通に営業のサラリーマンをやっているから、

俺は知的資産が身についてる!と思うかもしれません。

 

これは確かに知的資産として残り、

金融資産としては「徐々に年収が高くなる」という効果があります。

 

しかしこれでは人生で必要な(特に老後に対する)お金を稼ぐには、弱いです。

社内でいくら営業の成績が良くても、

仮に社外にでたら無能では、資産として築くことができていません。

 

つまり「世間から見る人材価値」を高める必要があるということです。

この人材価値は知的資産として大きな価値があり、

金融資産にも結びつきやすいです。

 

ではどうやってこのような知的資産を高めるのか?

 

人生で必要なお金を稼ぐために、まずは知的資産を構築する

 

 

【働きつつ、成長する】

ここで言う成長とは、客観的に見て
自身の人材価値を高めること。

働きつつ、社内の評価ではなく、
世間から見ての人材価値を高めることが重要。

働く環境は「人材価値を高められるかどうか」で決めた方がいい
お金ややりがいの優先度は二の次

 

結論としては働きつつ、成長することです。

 

アバウトな言い方に聞こえるかもしれませんが、

わかりやすく言うと、勤めている組織以外でも通用する力、

稼げる力を身に付けることです。

 

100年ライフでは、今以上に転職することは当たり前になります。

なぜならその時々で人々のニーズや情勢が変わるからです。

 

現状コロナで世界の見方や考え方が大きく変わりました。

例えば多くの会社で、リモートワークが実現したことにより、

都心部に住む必要性が、以前より無くなってきています。

 

リモートワーク内で完結できる仕事ができれば、

今回のコロナも大した影響を受けなかったでしょう。

そしてこの波に乗じて、田舎に移り住んだりすることも可能です。

 

このように柔軟に稼ぐことができ、動けるスキルを持っていると、

どのような状況下でも対応できます。

 

なんとなく言いたいことはわかったけど、
具体的にはどう行動していけばいいの?
結局どうやったら人生で必要なお金を稼げるようになるの?

働きつつ、新たな知的資産を増やしていきましょう。
そのためにとるべき行動としては、
例えば副業や投資、もしくは何かしらのスキルの習得です。

ただ今までと同じように働いているだけでは、
今後の人生は豊かになりにくいと思います。

 

オススメの知的資産をあげると、「あなたの資産」として残るものが良いです。

例えば最近だと副業として、YouTubeがこれに該当します。

 

理由としては「動画」というかたちで、

ネット上に「あなたの資産」として残るからです。

 

あなたが営業で優秀なら、そのやり方を商品として作成するのも良しです。

これは会社に依存せず、あなた個人で稼ぐことになります。

 

そして個人で稼げるようになれば、世間から見て価値があるはずです。

なぜなら価値がなければ売れない、稼げないからです。

 

そして違う観点で、他のスキルを身に付けるというのも有効です。

 

普段は会社で営業しながらも、実はデザインが好きというのであれば、

あなたのデザイン力というスキルを磨いておくと、

本業の営業以外に個人デザイナーという道も開け、

本業と合わせると、収入も飛躍的に向上する可能性があります。

 

ちなみにデザインも最近だと、ネットで簡単に個人で販売できます。

融通の効く職種、スキルだと思います。

 

例を挙げるとキリがありませんが、

このように今までとは異なるかたちで成長していく、

客観的な人材価値を高める必要があります。

 

知的資産を構築していき、金融資産に繋げることが重要。

これこそが人生で必要なお金、老後に対するお金を構築していくために

今からすべきことです。

 

まずは人生で必要なお金のために

自分がどんな知的資産を身につけたいか?を検討しましょう。

 

そしてそれに応じた知識を学び、スキルを習得していく。

実際に行動を起こし、金融資産に繋げる。

 

もしあなたがやりたいことや、すべきことが明確になれば

今度はその行動を継続していくことが重要になってきます。

その際は以下の記事もご覧ください。

強制的に継続させる方法を明記しています。

 

【まとめ】人生でお金はいくら必要?【100年時代に向けた2つの資産】

 

いかがでしたでしょうか?

 

人生でお金はいくら必要か?を把握した上で、

未来のことを考慮し、今からすべきことを解説しました。

 

重要点を以下にまとめておきます。

 

確実に人生を豊かにする2つの資産は2つ。

①金融資産
②知的資産

 

客観的な人材価値を高める必要があり、

そのためにまずは知的資産を構築すること。

 

知的資産を増やすには、働きつつ成長する

もしくは学んでいくことが重要です。

 

近未来に起きる100年ライフでは、転職することは今以上に当たり前。

オススメの知的資産としては、「あなたの資産」に残るもの。

 

ちなみに僕は本業は飲食業ですが、

これらを高めるために、このブログを運営しています。

 

あなたも必要だと感じたら、まずは行動してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!!

おすすめの記事