飲食店が無料でできる集客方法【MEO対策の5つのメリットとやり方】

Check Point

  • 経営が苦しいけど、飲食店が無料でできる集客ってないのかな?
  • 近隣の飲食店と差別化を図りたい!
  • SNS以外に自分でできる集客方法ってないの?

 

飲食店に限らずサービス業全てに言えますが、集客方法で悩んでいる方って多いですよね。

SNSで集客を試みるお店がほとんどです。

しかし上手くいっているお店は少ないように思います。

 

当然SNSもきちんと運用すれば集客ツールとして役立ちます。

ただ本記事でご紹介するMEOは、まだまだ実践しているお店は少ないです。

つまり、ブルーオーシャンよりの集客方法だと思います。

この記事を読めば
・無料でできる集客方法を知れる
・近隣の飲食店と差別化できる
・意外と知られていない集客方法を知れる

【飲食店が無料でできる集客方法】MEO対策とは?

MEO対策とは、GoogleMapで上位表示させる方法です。

食べログやぐるなびといったグルメサイトがありますが、掲載料が安くありません。

これに対してMEO対策ではコスパ◎です。(というか無料)

※業者に依頼すると月2~5万円程度

 

似たようなワードでSEOというワードがあります。

SEOはGoogleの検索結果で上位表示をさせる方法ですが、

これのGoogleMap版と思っておけば良いです。

 

MEOはローカルSEOとも呼ばれます。

「地域」から検索することを前提としています。

なのでオフラインで商売をしている飲食店オーナーにとっては、かなり優位性を見出せる無料集客ツールといえます。

 

MEOの具体例を以下で解説します。

例えば「梅田 お刺身」というワードで検索すると、

  • 酒菜や いしもん
  • さかなやいぬい
  • たなごころ 大阪マルビル店

上記の3店舗が上位表示されている状況です。

 

ここで表示されることこそがMEO対策ができている証です。

そしてMEOは個人でも実践可能。

ちなみに都心部以外でももちろん活用できます。

【飲食店必見!】無料で集客できるMEO5つのメリット

近代の勉強

無料集客ツールMEO、5つのメリットは以下の通りです。

Check Point
①見やすい位置に検索結果が表示される
②予約などの行動に移すまでの利便性が高い
③比較検討されるお店が少ない
④上位表示されるまでの時間が短い
⑤口コミや写真を見てもらうことができる

見やすい位置に検索結果が表示される

MEOの1つ目のメリットは上記の写真のように、検索してすぐに目に入る場所に検索結果が出ること。

 

飲食店を予約したい、もしくは地域から近隣の飲食店の情報を調べたい人って

そんなにガッツリ調べる人っていませんよね?

つまり、初めに目に入るということはかなり強い要素です。

予約などの行動に移すまでの利便性が高い

GoogleMapに表示された検索結果から、情報を見て「予約」というコンバーションに繋がる可能性が高いのです。

人は極力楽をしたい生き物です。

情報がすぐわかり、そこから予約できるとなれば利便性も抜群です。

比較検討されるお店が少ない(3店舗のみ)

表示されるのが3店舗ということだけあって、比較検討される対象が少ないことです。

比較検討される対象が少ないということは、シンプルにそれだけコンバーションする可能性が上がるということ。

上位表示されるまでの時間が短い

MEOはSEOと異なり、取り組めば上位表示されるという結果が出るまで早いです。

 

今ご覧いただいているWebサイトでは、SEOで上位表示されるには多くの時間を要します。

しかしこの無料で集客できるMEOでは、その時間が短いのです。

つまり、しっかり取り組めば成果を出しやすいということ。

 

考えてみれば、飲食店でSNSをかなりがんばっているお店は見かけますが、「MEOで集客している」とは聞いたことがありません。

それだけ飲食業界の人はWEBリテラシーに欠けるのか…

原因はなんであれ、チャンスであることは間違いなさそうです。

 

MEOに詳しい人によれば、たった2営業日で上位表示させたこともあるとか。笑

しかも場所は東京。

すごいですよね、まだまだブルーオーシャンであることが伺えます。

口コミや写真を見てもらうことができる

最後はGoogleMapで表示されたお店をクリックすると、口コミや写真を見れることです。

つまり、それだけ具体的に貴店の魅力を伝えることができます。

 

この点においてはテクニック的な要素も存在します。

次のMEOの具体的なやり方で解説します。

無料で集客するMEOの具体的なやり方【3つの手順】

無料で集客するMEOの具体的なやり方は、以下の3つの手順です。

  1. Googleマイビジネスに登録する
  2. 魅力的な写真や情報を掲載する
  3. 口コミを増やし、それに対して必ず返信する

①Googleマイビジネスに登録する

まずはGoogleマイビジネスに登録しましょう。

Googleマイビジネスの詳しい登録方法は以下の記事をご覧ください。

Googleマイビジネスの登録方法|初めてでも簡単にできる!(外部サイト)

②魅力的な写真や情報を掲載する

登録が完了したら、次は情報の掲載です。

情報を掲載する際に重要なことは万人受けを狙わないこと。

ペルソナに突き刺さる情報を意識的に掲載しましょう。

 

ペルソナとは具体的にイメージした特定の人物像(ターゲット)。

以下の記事はブログの記事になりますが、ペルソナについて具体例も合わせて詳しく解説しています。

 

例えば仮に「辛い物好き(特に中華料理)の学生」をペルソナとして設定します。

その学生が食べたくなる辛い料理の写真や学生でも入りやすい雰囲気の内観、メニューとしては飲み放題付の安めのコースを掲載するといった感じ。

 

ちなみに綺麗な写真が撮れないという人は、以下のサイトにて格安でプロに依頼できます。

無料会員登録してサービス内容を見る(ココナラ)

③口コミを増やし、それに対して必ず返信する

コツコツと情報発信を続けていくと、GoogleMap上で口コミが入るようになります。

これに対して従業員もしくはオーナー自ら、必ず返信するようにしましょう。

MEO対策として必須のアクションです。

 

上記のことを継続していく、これだけでOKです。

では最後にMEOで上位表示される仕組みについて解説します。

飲食店がMEOで集客できる仕組み【3つのポイント】

飲食店がMEOで集客できる仕組みは、3つのポイントにあります。

そもそも集客できるようには、MEOで検索画面に表示させることが重要。

つまり、MEOで上位表示されるための3つの要素ということになります。

 

具体的には、以下の通りです。

・関連性
・知名度
・口コミの数や内容、スコア

関連性

関連性について、なんの関連性かというと、検索されるキーワードとGoogleマイビジネスに記載した内容との関連性です。

 

例えば「梅田 中華料理」で調べているにもかかわらず、表示されるお店の情報が「和食」であれば、情報との間に関連性が無いと判断されます。

この場合、当然MEOで上位表示されることはありません。

 

検索されたいワードから、お店の掲載情報に関連性を持たせることが重要です。

知名度

次に知名度です。

知名度が高いと判断されるには、より多く紹介されていることが鍵となります。

この点は基本お客様によって行われることなので、飲食店の従業員からできることは少なそうです。

 

地道にお店のファンや話題性を獲得し、「友人に紹介したい!」と思われる店作りをすることが必要です。

口コミの数や内容、スコア

最後に口コミの数や内容、そしてスコアです。

 

GoogleMapに限らず、Googleは何を目指しているのかというと、より多くの人にGoogleを使ってもらいたいのです。

より多くの人にGoogleを使ってもらうためには顧客満足度を上げる必要があります。

顧客満足度を上げるためには、ユーザーに適切な情報を発信することが必須です。

 

つまり口コミの数や内容、スコアはその情報における信頼性に値するということ。

なのでMEOで上位表示を狙うのであれば、口コミは判断材料として必須。

飲食店が無料で使える集客ツールMEOのすごさ、やり方はわかったけど実際に効果あるの?
こちらの記事をご覧ください。
実際にMEOで成果を上げている具体例を見ることができます。MEO対策って効果あるの?MEO対策のホントのところ(外部サイト)

MEOは飲食店が無料でできる集客方法なので即実践しよう!

MEOは飲食店が無料ででき、効果的な集客方法なので即実践しましょう。

仮に効果がなかなか出なくても、費用は一切かからないので、デメリットはありません。

最初に必要な写真や情報を記載すれば、その後はコメントに返信するなど、簡単な運営をコツコツしていくだけです。

 

写真撮影が苦手な人は、ココナラなどで格安でプロにできます。

無料会員登録してサービス内容を見る

おすすめの記事