スリランカカレーを食べずにカレーは語れない!【スリランカ旅行記】

Check Point

  • スリランカ旅行で味わえるカレーは実際どんな味?
  • 日本のカレーやインドカレーとはどう違うの?
  • スリランカカレーはやっぱり辛いの?

 

天パ
2019年ひとりでスリランカ旅行へ行った僕が上記にフォーカスして解説します。
ちなみにハマりすぎて、帰国後もスリランカカレーをよく作っています。
(出張でカレーイベントも開催するほど)

 

この記事を読めば
・スリランカ旅行で味わえるグルメ、カレーの魅力を知ることができる
・日本のカレー、インドカレーとの違いがわかる
・スリランカカレーの辛さや特徴について知ることができる

 

スリランカカレーを食べずにカレーは語れない!【スリランカ旅行記】

スリランカカレー

 

こんにちは、天パです。

 

今回はスリランカ旅行で最も魅力的なグルメ「スリランカカレー」について解説していきます。

 

スリランカと言えば有名な世界遺産「シーギリヤロック」や女性に人気のアーユルヴェーダ、そしてバワが設計した建築物など様々なものが思い浮かびます。

 

しかし僕が最も魅了されたのがスリランカカレーでした。

結論、最高にうまい!

カレー好きなのに食べたことない方はぜひ一度ご賞味していただきたいもの。

 

では具体的にスリランカカレーは一体どういうカレーなのか?

日本やインドのカレーとの違いは何か?

深掘りしていきます。

 

気になる方はぜひ最後までご覧ください!

 

スリランカカレーは日本の定食と同じ!

 

スリランカカレーと言っても、ひとことで「カレー」と片付けることはできません。

スリランカカレーには以下の2つの特徴があります。

 

・味のバリエーションがかなり豊富
・ワンプレートの中にさまざまな食感が存在している

 

まずは実際にどんなものかお見せしますね。

 

スリランカカレー

 

はい、これがスリランカのカレーです。

ご覧の通り多くの「おかず」が盛り付けられています。

 

これが味のバリエーションが豊富な理由です。

「混ぜる」ことで味が絶妙に変化していき、見事な逸品となっています。

食感も様々で食べることに飽きません。

※そもそもスパイスが苦手という人は厳しいかもしれませんが。笑

 

ワンプレートになっていますが、日本で言うところの「定食」に値します。

中心に汁気の少ない米を盛り、周りにおかずを添えているかたち。

メインはチキンカレーやフィッシュカレーなど自分の好みで選ぶことができます。

 

写真は5つ星「マウントラビニアホテル」内のレストランです。

こちらのレストランの料金ですが、日本の普通のバイキング料金で食べることができます。

 

スリランカ旅行に行く前に知っておきたい【カレー違い】

 

「カレー」と言っても日本、インド、スリランカでは異なります。

 

日本に近い海鮮の出汁の文化がある(モルジブフィッシュ≒鰹節)
・インドと同様に小麦粉は使用せず、お米(バスマティライス)も低カロリーでヘルシー
・インドのようなナンは使わず、お米でカレーを食すことが多い
・スリランカのカレーは(北)インドカレーと異なり、さらさらしている
・基本的にワンプレートで様々なおかず(副菜)と共に盛り付ける
・少量のココナッツミルクを使う

 

上記が主な違い。

 

出汁の文化が共通していることは、日本人の口に合いやすい特徴です。

苦手な人が多いココナッツミルクも少量なので、甘みを足すだけでほとんど味は感じません。

 

スリランカカレー スリランカカレー

※僕が実際に撮影したカレーたちです。

 

見た目少し質素に見えるかもしれませんが、この2つの写真はローカルレストランで料金は200円ほど。

コスパも◎です!

実はインドも一人旅行きましたが、個人的にはスリランカの方が圧倒的においしかったです。

 

辛くないカレーも多いスリランカ

 

スリランカカレーを食す前、最後に知りたいのが辛さでしょう。

スパイシーで辛いのは辛いです。

しかし辛くないカレーもあります。

 

上記の写真の黄色いクリーミーなカレーは「パリップ」と言われる豆のカレーです。

※インドカレーで言うところの「ダルカレー」

パリップは全然辛くないです。

 

パリップも以外も辛くないカレーはありますので、少しでもスパイシーな料理を食べれるのであれば、基本的に食べることができると思います。

※念のため辛さが弱めのものからチャレンジしてください。

※お店にもよりけりです。

 

スリランカ旅行で一度は体験したい料理教室付きホームステイ体験【日本語OK】

スリランカ料理教室

 

ここまででスリランカカレーの魅力をお伝えしていきました。

 

  • 実際にどうやって作るの?
  • 帰国して家でも作リたい!

 

上記のような疑問や要望も出てくると思うので、スリランカ旅行において「スリランカカレー」をさらに追及したい人のために、オススメのホームステイ体験について解説していきます。

 

後悔しない!カルータラでホームステイ体験

 

ホームステイ体験はなんと言ってもホームステイ先選びが重要です。

僕がホームステイしたところは、関西で超有名なカレー屋さんの店主から紹介してもらいました。

※許可を得ていないため、店名は非公開ですみません。

「究極のカレー」という雑誌で何度も受賞しており、今ではレジェンド部門として掲載されています。

 

 

教えてもらったホームステイ先のポイントは以下の3つ。

・夫婦共々かなり良心的
・スリランカで日本語教室をしているので日本語OK
・奥さんの料理がピカイチに美味しく、それを学べる

 

料理を習うのに日本語でやりとりできるのはかなり有益ですね。

場所はスリランカのカルータラという街。

コロンボから南下したところにあります。

 

公式サイトを載せておきます。

カルータラでホームステイ体験

 

ホームページが英語サイトで見づらいのでGoogleChromeで閲覧することを推奨します。

もしこちらのホームステイを検討して何かわからないことがあれば、Twitter上で僕に相談してもらってOKです。

僕はこちらの日本語教師であるスリランカ人とLINEで繋がっており、いまだに連絡をとっています。

天パのTwitter

 

カルータラのホームステイ料金と実際の料理写真

 

ご紹介したホームステイ先の料金は以下の通り。

・1泊2000円
・食事+レッスン1食500円

→現地で日本円でも支払い可
※2019年時点

 

僕はもともとスリランカ料理に興味があったので、3泊で6食分学びました。

その際の実際の写真をここに添付しておきます。

 

ある日のモーニング↓

スリランカ朝食

朝からけっこうボリューミーだったことを覚えています。笑

 

ある日のランチ↓

スリランカカレー

様々なカレーやおかずが出てきてご飯共々自分でよそう。

 

ある日のディナー↓

スリランカカレー

 

どれもこれも最高においしかったです。

毎食本当に楽しみしていまいした。

 

初日はお酒も振る舞ってくれました。

ウイスキーをジュースで割るという日本ではあまりない飲み方でした。笑

味は思っていたより遥かに美味しかったです。

 

【まとめ】スリランカカレーを食べずにカレーは語れない!

スリランカ ビーチ

 

以上がスリランカ旅行で絶対に味わいたいスリランカカレーの特徴と、オススメのホームステイ体験でした。

最後に本記事のポイントだけまとめておきます。

 

【スリランカカレーの特徴】

・味のバリエーションがかなり豊富
・ワンプレートの中にさまざまな食感が存在している

「混ぜる」ことで味が絶妙に変化していき、見事な逸品となっている。

食感も様々で食べることに飽きない。

 

【インドや日本とのカレー違い】

日本に近い海鮮の出汁の文化がある(モルジブフィッシュ≒鰹節)
・インドと同様に小麦粉は使用せず、お米(バスマティライス)も低カロリーでヘルシー
・インドのようなナンは使わず、お米でカレーを食すことが多い
・スリランカのカレーは(北)インドカレーと異なり、さらさらしている
・基本的にワンプレートで様々なおかず(副菜)と共に盛り付ける
・少量のココナッツミルクを使う

 

【記事中で紹介したホームステイ先の特徴】

・夫婦共々かなり良心的
・スリランカで日本語教室をしているので日本語OK
・奥さんの料理がピカイチに美味しく、それを学べる
本記事は以上になります。
最後までお読みいただきありがとうございました!!
おすすめの記事