スリランカひとり旅の感想は?【結論:○○の人は絶対に行くべき】

Check Point

  • スリランカひとり旅って楽しい?
  • 具体的によかったこと、悪かったことはなに?
  • スリランカのどの辺に行けばいいのかな?

 

天パ
実際に2019年スリランカひとり旅に行った僕が上記にフォーカスして解説します。
よくあるオススメのあれこれではなく、よりリアルな感想、体験談を記載していきます。
少しでも興味ある方はぜひ最後までご覧ください!

 

この記事を読めば
・スリランカひとり旅のリアルな体験談、感想を知ることができる
・自由気ままなスリランカひとり旅のメリット・デメリットがわかる
・ひとり旅にフォーカスしたオススメの場所やホテルを知ることができる

 

スリランカひとり旅の感想は?【結論:○○の人は絶対に行くべき】

スリランカ 電車

 

こんにちは、天パです。

 

スリランカひとり旅は控えめに言っても最高でした。

オススメしたい人は以下のような人です。

・カレー好きな人
・東南アジアが好きな人
・物価が安い国で放浪したい人

 

そもそもひとり旅は何より自由です。

自由にその国を散策し、文化に触れることができます。

ひとり旅だからこそ得られるものは多いです。

 

国はスリランカ。

スリランカ旅行ではとにかく最も職種のはスパイス料理の代表、スパイスカレーです。

親日国であり、物価も安く東南アジア圏内の中では比較的治安も良い。

 

そんなスリランカひとり旅について、僕の経験談を踏まえつつ解説していきます。

 

スリランカひとり旅3つの目的

 

僕がスリランカひとり旅を決めた理由、目的は3つあります。

・スリランカカレーを食べまくりたい
・ホームステイでスリランカカレーを学ぶ
・スリランカの文化に触れつつ、現地で友達を作る

 

あなたがスリランカひとり旅に行くなら、どんなことがしたいですか?

 

僕の場合、メインはほぼカレーです。笑

もともとカレー好きでしたが、日本(大阪)で初めて食べた本格スリランカカレーに衝撃を受けました。

ロッダグループ

そこからカレーの中でも、特にスリランカカレー好きになりました。

 

「最終現地へ行くしかない!」ということで食べに行ってきた次第です。

 

ロッダグループではありませんが、大阪の有名なカレー屋さんでホームステイの紹介を受けました。

自分でもスリランカスタイルのカレーを作るために、現地で学ぶことも目的に追加。

 

最後の現地の文化に触れつつ、友達を作ることに関しては、僕がひとり旅に出るとき毎度の試みです。

 

ご飯が最高だったホームステイ体験

スリランカ朝食

ある日の朝食

 

ホームステイ体験は結論、最高にでした。

少しでも興味あれば、強くオススメしたい体験です。

 

興味の対象はなんでもいいです。

僕のようにカレーを学びたい以外にも、現地の暮らしを体験してみたいというのもありです。

 

ちなみに僕がホームステイした場所はカルータラ。

カルータラでホームステイ体験

 

こちらのホームステイでは家で日本語教室を行っているので、スリランカ人ですが日本語OK

夫婦で暮らしていますが、お二人ともとても良心的。

今でも時々LINEしてくれます。

 

そして何より奥さんの料理が最高に美味しかったです。

この料理を学びにきたんだ!という感じでした。笑

 

実際に足を運んだ4つの都市

 

実際に足を運んだスリランカの都市は以下の4つ。

・ニゴンボ
・マウントラビニア
・カルータラ
・ゴール

 

ルートとしてはスリランカの西側を海沿いに南下して行く旅でした。

  1. バンダラナイケ空港(スリランカ到着!)
  2. ニゴンボ(港町)
  3. コロンボ(最も栄えている街)
  4. カルータラ(ホームステイ先がある田舎町)
  5. ゴール(スリランカ最南の街)
  6. マウントラビニア(ホテルのビュッフェが最高!)
  7. カルータラ(ホームステイ先へお別れの挨拶)
  8. バンダラナイケ空港(帰国)

 

 

まずはバンダラナイケ空港からニゴンボへ。

ニゴンボは空港から近い海に面した街です。

そのニゴンボで初の現地スリランカカレーを食しました。

 

スリランカカレー

ニゴンボで食べたスリランカカレー

 

ローカルレストランでしたが、地味にこのお店スリランカひとり旅で食べたスリランカカレーの中でトップ5に入るくらい美味しかったです。

ただご覧の通り、米の量がかなりボリューミーでした。笑

 

ニゴンボからホームステイ先のカルータラへ向かうために、一度バスでコロンボへ。

コロンボはスリランカに行けば基本的に必ず行く街ですが、僕は経由地点として寄っただけです。

 

バスで少し人の多さに消耗したので、コロンボからはPickMeという配車アプリで車を手配し、カルータラまで移動。

車で1時間半くらいでしたね。

 

カルータラでホームステイ先へ行き、3泊しました。

ホームステイ先の人が行っている日本語教室の生徒さん(34歳)と仲良くなり、一緒にお酒を飲む仲に。

現地のことをいろいろ教えてもらいました。

最終的に家まで招待されました。笑

 

日本語教室の生徒さんのお子さん。

 

やたらかわいかったですね。

短い時間でしたがお別れを済ませ、続いてカルータラをさらに南下し、最南の町ゴールへと向かいます。

車で2時間ほどでゴールに到着です。

 

ゴールは本当に海が綺麗で、最高な町でした。

ただ強いてい言うなら観光客が多くにぎわい、中国人なんかも多かった印象。

 

ゴール

ゴールの海

 

ここでの目的は散策といつも通りカレー三昧。

ゴールに行こうと決めたのは海が好きだからです。

ただそれだけ。笑

 

スリランカカレー

ゴールで食べたカレーの1つ。

 

こちらのお店はバイキング形式で数種類のカレーを食べ放題でした。

観光地であるため少しお値段高め。

 

しかしそれでも1000円もいかなかった覚えがあります。

とにかくスリランカは物価が安いですね。

 

ゴールのとあるスパイスショップ

 

ゴールの街並みを十分に体験し、コロンボの少し南に位置するマウントラビニアへ。

これはホームステイ体験の次に目的があった街。

それは何かというと、有名なホテル「マウントラビニアホテル」のビュッフェ(スリランカカレー)を食べること。

 

スリランカでは高級ホテルに該当すると思うのですが、ここのレストランは宿泊者でなくても入れます。

高級ホテルのビュッフェでもひとり1200円くらい?だった気がします。

日本の普通のバイキングと値段は変わりません。

 

そで盛りつけたカレーがこちら↓

スリランカカレー

マウントラビニアホテルのビュッフェ

 

おそらく内容を説明してもイメージ湧かないと思うので、コロナが終息したらぜひ食べに行ってください。

スリランカ思っているより近いですよ。(僕の感覚、東南アジアは近所)

 

ちらっとビールが写っていますが、飲まなければよかったと後悔。

理由はもっと食べたかったからです。笑

ビールを飲むとお腹膨れてしまいますからね。

 

マウントラビニアでは夜の街も散策しました。

ひとりで飲んでいると、知らないスリランカ人に声をかけられました。

 

スリランカの代表的なビール「LION」

 

それが「ハック」という名の男性。

疑心感を持ちつつ(海外では重要)、お互いカタコト?の英語で話していくと、「日本語を喋れる友達いるよ!」とのことで電話かけてくれました。

 

ハックとスパイス料理※ハック画質悪くてごめん。笑

 

電話を代わってもらうと、やたらと日本語を流暢に話す男性でした。

後日ハックとその男性、さらに漁師の友人の合計男4人で一緒に飲んだのですが、話を聞くと数年間日本で暮らしており、子供も日本にいるとのことでした。笑

※すでに離婚していました。

 

スリランカ 漁師飯

漁師がふるまってくれた魚料理

 

4人で飲んだときにハックの友人の漁師さんが魚料理をご馳走してくれました。

ハックにはお酒を奢ってもらい、僕は1銭も使っていません。笑

 

この魚料理見た目はイマイチですが、スパイスが効いており、味付けもめっちゃ美味しかったです。

スリランカはインドと同様に手食の文化がありますが、この魚料理も手で食べます。

 

そこからやたらとなぜかハックに気に入られ、いろいろ連れて行ってもらいました。

 

スリランカの女の子が踊るステージ

 

いやらしいお店かと思っていましたが、一緒にダンスを踊りお酒を飲むだけ。

健全でよかったです。笑

 

そんなこんなで帰国する前日、最後もう一度ホームステイ先があるカルータラに行き、お世話になった夫婦にお別れの挨拶を済ませました。

最終日は帰国のため、バンダラナイケ空港へ。

 

スリランカひとり旅の感想と所用期間

 

目的のスリランカカレーもかなり食べれたし、ハックなどの友人ができ、スリランカをのんびり放浪することができました。

スリランカひとり旅、大満足の結果でした。

コロナ終わったら絶対また行く。笑

 

スリランカ周った期間としては20日ほど。

つまり1つのポイントで平均5泊していました。

あんまり短い期間で動き回るよりも、少しでも1つの場所に時間を割いてその街に触れてみたいという僕の願望です。

 

スリランカは小さな島国なので、観光地を周る目的であっても十分な期間だと思います。

 

次回行くときは有名どころもせめてみたいです。

今回経由地点でしかなかったコロンボ、有名な「シーギリヤロック」があるシーギリヤ。

他にもキャンディやダンブッラなどもう少し東側も行ってみたいですね。

 

ひとり旅にオススメしたい!実際に泊まった3つのホテル

 

スリランカひとり旅をする上で、値段もかなり安価でよかった宿泊先を3つご紹介します。

 

 

どれも1泊1000円くらいで、コスパ◎!!

個室の部屋である程度の清潔感もあり、このお値段!

さすが東南アジアといったところ。

 

しかし日本と比較すると、やはり細かいデメリットもありました。

 

Villa Whispering Shells(カルータラ)はカルータラ北部にあり、海沿いにあるホテル(ゲストハウス)。

デメリットとしては夜間の灯りが少なく、少し危ないイメージ。

明るい時間帯は全く問題なく、従業員の方も親切でした。

 

New Colombo Guest(マウントラビニア付近)が最もよかったですね。

たまたま行われていた工事が少しうるさかったくらいで、それ以外は特になし。

近くにスーパーもあり、飲食店も多く利便性も良好。

 

New Colombo Guest近くのスーパー

 

最後はArken Lanka(ゴール)です。

観光地ということもあり、旅のお客さんに慣れている模様。

家族?で運営しており、皆さん本当に親切でした。

 

唯一のデメリットは寝ていたら小さなアリがベッドにいたこと…

翌朝シーツを取り替えてもらい、それ以降は大丈夫でした。

 

大前提として日本同等のクオリティを求めてはいけません。

もし日本レベルを求めるのであれば、もっとお高いホテルに泊まることを勧めます。

上記はスリランカひとり旅するにあたって、コスパ◎と判断した宿泊先でした。

 

スリランカひとり旅を特にオススメしたい人【3つの特徴】

スリランカ シギリヤ

 

スリランカひとり旅を特にオススメしたい人は以下のような人です。

・カレー好きな人
・東南アジアが好きな人
・物価が安い国で放浪したい人

 

とにかくカレー好きな人

 

料理の中でもカレーを愛している人。

 

そのなかでも特に「でもまだスリランカカレーは食べたことない!」という人は、人生で1回は現地で食べてみてほしいものです。

新たな美味さ、衝撃に出会えるかもです。

 

東南アジア好きで治安の良い国に行きたい人

 

東南アジア好きで、治安の良い国に行きたいと思っている人。

 

スリランカはドンピシャで当てはまります。

東南アジア圏内で親日国、そして治安も比較的良いです。

気になる人は一度検討してみてはどうでしょうか?

 

物価が安い国で放浪したい人

 

最後は物価が安い国で放浪したい人です。

スリランカは物価かなり安いです。

日本と比較すると6割ほど。

 

そこまでお金を気にすることなく、自由気ままに旅をすることができます。

僕の場合最も高かった出費が航空券。

次に移動費(長距離のタクシー代)です。

 

それ以外の宿泊費、食費は本当に安いものです。

特にお酒を飲まない人であれば、本当に月5万円くらいで生活できると思います。

 

 

【まとめ】スリランカひとり旅の感想

スリランカ ビーチ

 

以上が僕のスリランカひとり旅、そしてスリランカひとり旅をオススメしたい人の特徴でした。

僕の場合本当にカレーが好きなので、街によっては住むのもありかも?と思うほどでした。

 

最後にスリランカひとり旅の感想が最高だった点をまとめておきます。

・食事(スリランカカレー)が美味すぎる
・物価が安く、東南アジア圏内でも比較的治安が良い
・島国ならではの自然もあり、リラックスできる

 

逆に以下のような人にはオススメしません。

・スパイス料理(カレー)が苦手
・暑い気候が苦手
・綺麗な街並みがあるとこに行きたい

 

本記事は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました!!

おすすめの記事